シミの構造

あけましておめでとうございます 😀 

本年もよろしくお願いします。

私たちの仕事である「クリーニング」ってどんな事をしてるんだろ~?と思われている方に、

もっともっと「クリーニング」のことを知ってもらいたい!そんな想いでこのブログを始めました。

記念すべき第1回は、私たちが特にこだわっている「しみ抜き」について書きたいと思います。

しみの構造はこの様になっています。

一般的に「水溶性のしみ」「油性のしみ」などとよく言いますが、実はシミのほとんどが、これらのものが入り交ざったものなのです。

ですから、しみ抜きの手順としては、まず油性の処理を行います。

実はこの工程が非常に大事なんです!!

この工程は省いて、いきなり漂白処理なんかをしてしまうと、漂白剤がしみ表面の油ではじかれ、しみの周りの生地を漂泊してしまうことになるのです(驚)

ですので、まずはしみ表面の油をしっかりと取り除くことが、しみ抜きの基本となります。

続いて水溶性の処理を行うのですが、当店では実は油性の処理と水溶性の処理を同時に行っております。

油性と水溶性を同時に処理できる特殊な薬剤と、溶剤・スチームなどを使い効果的に手早く処理することで、生地へなダメージを最小限に留めます。

それでも取れない色素を漂白処理で取ります。この漂白処理にはいつもリスクが付きまといます。

「生地の色がはげた」「生地に穴が開いた」なんてことが起こりやすいのです。

だから、「これ以上の処理をすると生地が傷むので取れません」といって漂白処理をしないクリーニング店も少なくありません。

正直な話、私も失敗を繰り返しました。しかし、「どうすれば生地の色がはげないか?」「どうすれば生地が傷まないか?」と色々と試行錯誤しました。

その結果「当店の強みはしみ抜きです。」と胸を張って言える様になりなした。

中にはどうしようもないモノもありますが、90%以上のシミは取れるようになりました。

この「しみ抜き」に関しては、クリーニング店によって考え方がさまざまですが、結局経営者の理念によるところが大きいのだと思います。

私たちはトコトンきれいにこだわりたい!だってシミのついた服は着れないじゃないですか~。

クリーニングってこだわればとっても奥が深いんです。そんなこだわりをこれから紹介していけたらな~と思っています。

〒572-0811

大阪府寝屋川市楠根南町12-22

有限会社 讃岐屋